●○  
●○  

けに坊

Author:けに坊
カメラ片手に気の赴くままに。
面白い本を探して本屋を巡る休日。
とあるコーヒーショップで働き、
ドイツ、ブレーメンでの留学生活を経て、
世界に旅立つことを夢見ております。

最近アクアリウムに興味を持ち始めました。


趣味100%の日記を更新しています。
このブログを通じて色々な人と繋がれたらいいな、と思っています。
コメント、メッセージ、気軽にどうぞ(^o^)!


Tschüs!

●○ 最新記事
●○ 月別アーカイブ
●○  
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
3603位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1275位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2013/12/09//Mon * 23:00
●○英語


For Japanese religion, I tell you my opinion as to Japanese.
First of all, most young people in Japan say that they have no religion when I ask them.
Actually many people belong to Shinto or Buddhism, but they don't think that is like religions.
For example, all of us say "itadakimasu" and "gochisousamadeshita" before and after eating.
It means "thank you for the food" to some god.
However, it's more like manners that we are taught from our parents.
So it's not polite if you don't say that words.
This manner is based on religions.
Most young Japanese people don't believe the god, but the religions Infiltrates into our lifestyle without our consciousness.
I guess Japanese religions are a little bit different from another religions.


『ケンイチ君!トルコの大学で日本の宗教についてプレゼンテーションをするんだけど意見が欲しい!』
と前のセメスターで一緒だったフセイン君から突然メールが。

彼とは前のセメスターの授業が一緒で、ONE PIECEについて熱く語り合ったトルコ人の友人。
最近の話だと、『オリンピックおめでとう!!』なんてやり取りもしたり日本通で親日家の彼とはドイツを離れても未だに交流があります。

そんな彼からのお願いということもあって、早速英語の作文に取り掛かってはみたんだけど、全く進まないことに気が付いたw
ほとんどの文法が頭の中から消えてたし、ドイツ語の文法が英語のスペースを支配していることにも気が付いた。笑
YouとIですら1秒考えないと出て来ないレベルだから相当ヤバい。笑

ドイツ語で返すこともできたんだけど、敢えてここは英語でチャレンジ。
とにかくドイツ語の知識に追い出されてしまった英語の知識を辞書を使いながら引き戻してなんとか作文!(実際は脩の力に頼りっぱなしだったけどw)

この留学で本当に様々な経験をしたし、その都度色々と考えたり悩んだりすることがあるんだけど、その中でも英語の重要性ってのは大きい割合を占めていると思う。

ドイツ人の場合は英語が使えて当然だし留学生もまた然り。
英語が話せることが当然っていう環境の中で10ヶ月間生活をすればさすがに色々なものを痛感します。
英語が話せればコミュニケーションはできるし、それはドイツを除いてほとんどの国でもそうだと思う。

ここに書くのは初めてかもしれないけど、英語の習得は帰国後の自分の新しい目標です。
中学、高校、今までとは違って、学んだ英語をどう使いたいのかっていう目的目標がはっきりしてるのが今までの違いかな!

以上、久しぶりのひとりごとでした。









スポンサーサイト



Comments on this preview ○●    









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://kenibou.blog.fc2.com/tb.php/1865-7ce2a13c

[TOP]
copyright (C) 2006 わっふるわっふる!! all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。